2013年05月01日

ひどい話を聞いてしまいました

ポロムのお散歩中に聞いた話です。
もう古い話なのですけど、詳しく書くのはマズイので
出来事だけ書きます。

あるおうちの外飼い番犬ちゃん。
家の前で吠えたかと思うと、横の私道側に出て吠えたりしてました。
(セシくんとよく吠え合いました)。
長いロープでどちらにも行けるようにしてあったんです。

私道側には1犬身出るくらい。
その番犬ちゃんが同じ私道を使う人の車にひき逃げされたんですって。
幸いおとなりさんがほぼ真上のベランダから目撃していて、
留守だった番犬ちゃんの飼い主さんに連絡して戻ってきてもらい、
病院へ連れていけたそうです。足の骨折。

この話を教えてくれた人はそこから数軒先のお家ですが、
何事が起きたのかと驚くほどのワンコの悲鳴が聞こえた(;;)
そうで、ひいた車の人も気づかなかったわけではなく、
確信的ひき逃げだったようです。

これが人間の子供とかだったら放置しませんよね…
(誰も見てないと思って逃げちゃう人いますけどね、ひき逃げ犯)。
犬くらいって気持ちがあったんでしょうかね?って思いませんか?

でもね、もっとひどいんですよ。
だって、ひき逃げした人もワンコオーナーなんですよ!!
しかも番犬ちゃんのすぐ近くに住んでて。
なんでそんなこと出来るんでしょ…

もうね〜、聞いたとき愕然。
今度見かけたら顔見れないかも。

このあと、治った番犬ちゃんが私道側に出られないように
なったのは、なんとなく覚えています。
セシルが横側でも吠え合うつもりで「アレ?」ってなったから。

なのでだいぶ古い話です。
だけど胸にしまっておけなかったー!! 
(セシくんとお散歩してた頃はワンコ散歩でおしゃべりとか
皆無だったので、今頃知ったぺり犬です)。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
ご訪問ありがとう♪ポチッありがとう♪
携帯の方はこちらからよろしく〜→ http://dog.blogmura.com/sheltie/


posted by ぺり犬(Perrine) at 21:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | 動物いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じワンコのオーナーとして、絶対にその人を許せない気持ちです。
気が付かないことはないはずなのですけどね・・・。
そのわんこちゃん、よくなって良かったですね。
痛かったでしょうね。 (T_T)
あまりにも愕然とするひどいお話ですね。
Posted by ラブ&みるくのママ at 2013年05月02日 21:56
>ラブ&みるくのママさん

本当に酷い話でしょう〜!
時々見かける人なんですよ…
今度見かけたら怒りオーラがボッとなりそうです(^^;)
番犬ちゃんがケガしてたのも全然知らなかったのですけど
今はすっかり良くなっててよかったです。
Posted by ぺり犬 at 2013年05月02日 22:55
酷い酷い酷い!!!
どうしてこういう人が存在するんだろう(T_T)
しかもワンコオーナーだというのに・・・
その人が犯罪者で捕まらないのが悔しい!!
どうして動物はいつも人間の犠牲になるんだろう・・・

Posted by クーママ at 2013年05月03日 21:18
>クーママさん

ほんとに酷いですよね。
この人、自分の家の犬もちゃんと可愛がってるのかとまで
疑問に思えてきましたよ。
アメリカだったら捕まるのにね!

いつも散歩に行く公園には、野鳥に石を投げるおじいさんとか
近づいて来た犬を棒で殴るおじいさんとかもいるんです!
近所だけでも酷い人が多い!!哀しいですね。

Posted by ぺり犬 at 2013年05月03日 23:10
うわ〜〜!
あり得ない(T_T)
でも運良く、目撃され病院に連れて行ってもらえてよかったですね。
でも・・・・吠える犬で私道に出れる長さに設定されてるから
家主いないのを分かっていて、わざとなのでしょうかね・・・・
それにしても『自分チのワンコは可愛くて、他人チのワンコは可愛くない』的なその行動。
ゾッとしますね。
Posted by hinnga at 2013年05月04日 10:13
>hinngaさん

目撃されて本当に運がよかったですよね。
あまり人のいない辺りなので。

わざと…!!考えてなかったですけど、犬がでられる長さと
私道の幅を比べると、どうして犬に当たる?って思ったんですよ。
ああ〜、イヤイヤ、考えないことにします。

同じ犬なのに、よその犬はどうでもいいと思ってるなんて
信じられませんよね。
Posted by ぺり犬 at 2013年05月04日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック