2007年02月05日

セシルと旧東海道を歩く3・今回のゴール



平塚の旧街道はショッピング街になっています。
人の多いアーケードを抜けると、本陣跡や問屋場跡、見附跡など史跡が目白押し。
見るもの撮るものがふえて楽しい反面、日陰がすっかりなくなってしまい、セシくんの給水休みをふやすことに。
公民館前の公園で休んでいたら、観光客に道を尋ねられました。
犬を連れているから地元の人と思われたのでしょうね。

歩く時には軽くしっかりした足取りのセシルが、休みごとにきゅうきゅう鳴くようになりました。
疲れてきたのか、おやつのおねだりなのか…
でもそろそろお迎えの車を呼ぶことに。
この先の大磯まで歩けば車がくるのとちょうどよくなると計算して家に電話をしました。



大磯の化粧坂はR1と旧街道が分かれます。
松並木や落ち着いた雰囲気の住宅が並び、静かでとても歩き易くなりました。セシくん、ゴキゲンであっちふらふら、こっちくんくんしてお散歩気分のようでしたけど、写真を撮るのにオスワリさせるとすぐに伏せするのでやっぱり疲れてきたのかも。
ここは大磯一里塚跡、江戸から16里。歩数は33657歩。



大磯の湘南発祥の碑を通り過ぎ、有名な鴫立庵の入り口だけ入ってパチリ。
待ち合わせの場所まであと少し。と思ったら後ろからお迎えの車のクラクションが。
夫と助手席にリディアのお迎えです。ありがとう〜。
2:45に今回のゴールとなりました。



車が来る前にシャンプーシートで身体を拭いておくつもりでしたが、車の中でシートを使いました。
こまかい落ち葉がシッポにくっついてたり。
砂埃もキレイに落としてお水を飲んだら、セシルはひざに頭をのせて寝始めちゃいました。
セシくん、おつかれさま!

今日の総距離数は約21キロ。
歩数は36560歩でした。
次回予定はとりあえず未定ですが、寒い間に同じ原宿交差点からお江戸にむかおうかと考えています。
posted by ぺり犬(Perrine) at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 旧東海道をワンコと歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 問屋場問屋場(といやば)は、江戸時代の街道の宿場で人馬の継立、助郷賦課などの業務を行うところで、駅亭、伝馬所、馬締ともいった(本項の語意に於ける「問屋」とは、運送業を意味する。問丸を参照せよ)。業務の..
Weblog: 街-NAVI
Tracked: 2007-08-01 15:47