2013年01月19日

98年大雪のリディア

010998ryuki.jpg

昔やっていたホームページのデータから見つけました。
1998年1月の大雪の時のリディアです。

リディちゃん、まだ1歳10ヶ月。
セシくんはまだ生まれていません。

雪を食べまくりながら走り回ってたリディア。
リディちゃんにとって積雪の白い世界は
お菓子の国に思えたのでしょうね。

セシルもポロムも積雪にここまで喜ばなかったですよ。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
ご訪問ありがとう♪ポチッありがとう♪
携帯の方はこちらからお願いします→ http://dog.blogmura.com/sheltie/
posted by ぺり犬(Perrine) at 21:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | シェルティ(リディセシの思い出) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リディちゃん可愛らしいお顔ですね〜♪
被毛がやっぱり『若者』と語ってますよね。

そっかぁ、お菓子がお空から降って来る。
それはそれは楽しいですね♪
可愛らしい仔だったのですね♪
でも可愛らしさはポロたん、全開でただ今アピール中で可愛いですよね〜(^O^)/
Posted by hinnga at 2013年01月20日 08:47
>hinngaさん

ありがとう〜♪
可愛いって言われるのが大好きな子だったんですよ。
若者の毛艶といいますか、ハリが違いますね。

ポロたん、可愛さアピール全開(^−^)
子犬らしからぬ、悟りを開いたようなお顔をしてる時がある
ポロムですが、そんなお顔まで可愛くて(汗)、
夫婦そろってメロメロになってます〜。
Posted by ぺり犬 at 2013年01月20日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック