2012年11月20日

「おやびん、マラソン頑張って」(▽・w・▽)

matanoceci.jpg

今年の4月からランニング(マラソン)にはまってしまったぺり犬。
1日1時間半のウォーキングを2年半続けてきて、ランニングを
とりまぜたのがきっかけでした。
それまで走るなんて縁のない人間でしたよ。

ウォーキングにランニングをまぜたら、同じところを通った場合、
終了時間が短くなりますよね。いつも往復7kmの和泉川沿いを
歩いてたので、1時間ちょっとで戻れるように。
それだけセシくんのお留守番時間が減ると喜んでたのです。その時は。

気づけばマラソン大会にエントリー。 走る練習に精が出ます。
それでも元々のウォーキング時間程度には抑えてましたけど、
セシくんのお留守番時間は戻ってしまいました。

セシくんが旅立った日、ぺり犬は湘南国際マラソン10kmにでるために
早朝から家を出ていました。ぺり犬が出るときセシくんにいっぱい
こしょこしょ話(お顔をくっつけてしゃべる)をして、このときは
普通だったのですけど、アニキが気づいた40分後にはソファで
動けなくなっていたそうです。

マラソン降車駅の二宮駅に着いたちょうどにメールと電話を受けて
そのまま急いで戻りました(そこからは入院のときの記事にあるとおり)。

この日の2週間前の日曜に初めてのマラソン大会10kmに出ていました。
そして2度目の予定、次は3週間後の河口湖1周18kmとちょっと
タイトなスケジュール。 夫はぺり犬が走り始めたの歓迎なので、
積極的にお留守番をしてくれてました。セシくんと。

河口湖にエントリーした初夏の段階では、セシくんも連れて
河口湖ペンション旅行を考えていたのです。でも夏の様子に無理と判断して
マラソン1週間前に伊豆に行こうとなったのでした。

そんな河口湖マラソン(富士山マラソン)。
18kmと長いので練習もスケジュール組んでたし、楽しみにもしていました。
が… モチベーションだだ下がり。当たり前ですけど…。
練習もさぼりがち。走るってこんなに楽しいことだったのね〜♪って
走ってきたのに、全然楽しく感じません。

でも、今まで走る練習のときにお留守番してくれていたセシくんを思うと、
いなくなっておうちにいるのでは申し訳なくなります。
そう思ってなんとか走ってはいるのですが。

すると、よくセシくんの声と称して「おやびん〜、オイラ一緒にドライブ
行くのに新しい車が欲しいぉ〜」なんて可愛い声を出して言っていた夫が。
「おやびん、マラソン頑張って〜」ってセシくんが応援してるよって(;;)

今のままではかなりきついものになりそうですが、単純なぺり犬は
頑張ろうと思ったのでした。

河口湖マラソンは車を運転していくので当日に日が変わる深夜、家を出て
寒い河口湖に向かい、たぶん仮眠もなく走ることになります。
練習と準備と当日と… 残業も多いこの頃と。
頑張ろうとは思ったものの、エントリー当初のような気持ちにはなれない
状態で、結構きつい今週。

そんなバタバタと忙しい状態なのに、セシくんもまだおうちに
いるかもしれないのに、このたび紹介を受けて7ヶ月になる子犬を
お迎えいたしました。 明るいセーブルのシェルティ、男の子です。

お話をいただいたときもお迎えした今も、まだまだ整理のつかない
心のままで、あまりの愛らしさにキュンとなりつつも、心はセシくんに
寄ってしまうぺり犬。 でも3代目としてお迎えしたこの子には
リディちゃんやセシくん以上に幸せになってもらいたいです。

マラソンでいきなり夫とお留守番ですが、忙しくて大変な時期ですが、
早く我が家に慣れてもらうよう努力します。
子犬のお披露目はまた別記事で。

セシくんの写真は旅立った週の月曜日の朝んぽ。俣野公園にて。
セシくんが俣野公園の外周を自転車で引き運動してる頃に
マラソンに目覚めていたら、一緒に走れたのに…

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
見に来てくださってありがとう♪
posted by ぺり犬(Perrine) at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | シェルティ(2012年セシルの日々) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック