2010年12月09日

ベッドで悠々と寝てます

bed1.JPG

ひとりでベッドに乗ってはいけないと認識していたセシル。
寝室に入ってくる気配がするとコツンと足音を立てて、ばれる前に
ベッドから降りてました。(ばればれだけど)。

高齢になってつい熟睡か、耳が遠くなって気配を察知できなかったのか
私を見てハッとしたこともありました。
http://kyukyuwanwan.seesaa.net/article/108307390.html

このところ…すっかりそんなことは忘れてしまったかのように
悠々とベッドで寝ています。
ベッド乗りがみつかって1週間程度はハッとみがまえてました。
それを黙認したものだから、今では身構えもしません。

bed2.JPG

一応、チラーとうかがってる目はしてるのですけど…。

ベッド乗り以外でも、以前にリディアだけが許されていたことを
やってみているセシくん。
どうしようか(黙認するかどうか)と迷ったものもありますが、
「やっとオイラの番がきた」って思ってるかもしれないので
どれもさせてあげることにしました。

雑誌で見かけた、ぶさかわ犬で有名なわさおくんのお母さんの話。
お母さんが数頭の犬を飼っていた頃(どれも保護犬)、新たに拾った
母子犬の子犬のほうは、お母さんに甘えもせず散歩も一緒に行かずに
勝手にしていたそうです。それがみんな天国に行ってしまったら
お母さんのあとをうれしそうについてまわる子になったとか。
やっと自分が可愛がってもらえる番が来たって感じだったという話に
セシくんの甘やかしに拍車がかかってしまいましたふらふら
(雑誌はクレアドッグ…だったと思う)。

そうそう、それでもね、私がベッドに入るときには一旦下に下りるんですよ。
それであとからこっそり(本人はこっそりのつもり)乗ってくるの。
イイコでしょ? でもこれも時間の問題かな〜。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
posted by ぺり犬(Perrine) at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | シェルティ(2010年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聞分けのいい子なのね、セシル君(*^_^*)
わさお君の話、そうなのかぁ〜って勉強になったわ。
気持ちよさそうにベットで寝てると
そのままにしておいてあげたくなりますよ。
それに一匹になってしまった今、
セシル君のよりどころはペリ犬さんだもの。
やんちゃな仔犬じゃないし、
甘やかしいいんじゃない(^^)v
Posted by 華ママ at 2010年12月10日 09:53
>華ママさん
意外にも(^^;)、セシルはいろいろとルールを守ることができる子なんですよ。
わさお君がお母さんのもとに来た時に唯一いた先住ワンコなのですが
私もそういうものなのかと感じることのできたお話でした。

うんうん、リディアにもそうでしたけど、もう年なんだし甘やかしたって
いいよねって思っちゃいます。
夫にはそうやってダメ犬になっていく〜って言われてしまってるのですけどね。
Posted by ぺりいぬ at 2010年12月10日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック